元気アップ きたもと

今日も、明日も、

みんなが住みつづける街に

Twitter 始めました (2018/10/15)

ぜひフォローしてください

最新のブログです

駅立ち今朝は寒かった。暖かいペットボトルを差し入れていただきました。架空請求詐欺に注意!
●今朝駅立ちしました。東口鴻巣側の昇降口でいつものようにご挨拶させていただきました。昨日のブログで予告した通り、連載「新北本創生へのイノベーションを探る(第3回目)」をお届けしました。100人を超える通勤通学者に受け取っていただきました。スマホがい...
>> 続きを読む

私が工藤日出夫です

投票率 99.9% を目指すプロジェクト

北本市の未来を決めるのは"あなた"

選挙権は、国民主権の最も大切な権利です。投票は、国民が政治の主役である証です。この権利を放棄(棄権)することは、この国の、住むまちの未来の建設に不参加となります。さぁ、選挙に行こう。

2019年は選挙の年 〜 投票率 99.9% で未来を決める

来年は選挙の年です。4月に北本市長、北本市議会議員、埼玉県議会議員の選挙が、7月頃に埼玉県知事と参議院選挙があります。国の、県のそして北本市の未来を決める選挙です。

 

棄権しないで投票に行きましょう。


最新の北本市議会レポートです

工藤日出夫 駅前レポート 第3号(2018年11月)

新・北本創生へのイノベーションを探る連載(3回目)

このままだと人口減少が加速し、子どもと若者がいなくなる

連載の1回目は、北本市が抱える「ふたごの事実」である少子高齢・人口減少の実態を述べました。

 

2回目は、昭和40年代からの人口急増そして平成20年以降の人口減少の動態について述べました。

 

現在の人口減少は、昭和40年代の人口急増の反動的要素が強く、結果から見ると「必然的」であると言わざるを得ません。しかしそれは、人口動態を専門的に考察・分析すれば十分に予測できたことです。それができなかったことは、政治の不作為と前号で述べました。

下表1は、(一社)持続可能な地域社会総合研究所(所長:藤山浩)が、市町村の人口動態を国勢調査をベースに独自に推計したものです。

 

この研究所長は、独自開発の分析プログラムにより、人口減少で厳しい予測のある地方で、人口回復の実績を持っています。


今のままでは減少止まらず

2010年と2015年の比較で、4歳以下の人口増減率-19.9%。

 

小学生人口増減率-8.9%。

 

10代後半から20歳前半の男性8.4&、女性6.8%と、子ども人口の減少と若者の流出が大きくなっています。

 

一方、伊奈町と吉川市は人口が増加し、10代後半から20歳前半の男女が転入増になっています。桶川市は、北本市と同様の推移でありますが、数値は北本市に比べ低くなっています。

 

我々が危機感もって受け止める必要があるのか、30年後の2045年の予測数値です。過去と同様の人口動態であれば、人口増減率-35.1%で約43,000人。

 

高齢化率45.6%。その上子ども増減率-56%、30歳代男女増減率54%と30年でほぼ半数になるという予測値です。

 

特に図1のいわゆる「出産可能年齢層(20歳から39歳)」の女性人口が毎年約100人以上減少していく予測です。

 

表1における20歳代から30歳代女性人口の減少と子どもの減少を裏付けています。


続きを読む