元気アップ きたもと

今日も、明日も、

みんなが住みつづける街に

Twitter 始めました (2018/10/15)

ぜひフォローしてください

最新のブログです

横綱稀勢の里引退。日本人横綱がまた不在です。おつかれさまでした。私は元気ですよー
●横綱稀勢の里が引退を表明しました。残念です。横綱らしい相撲が取れない、横綱として本場所が勤められないと、本人からの申入れとか。今場所も3連敗では、これ以上は無理だったでしょう。日本人横綱として、ここまで頑張ってきました。ここ三日の相撲を見ても、こ...
>> 続きを読む

私が工藤日出夫です

投票率 99.9% を目指すプロジェクト

北本市の未来を決めるのは"あなた"

選挙権は、国民主権の最も大切な権利です。投票は、国民が政治の主役である証です。この権利を放棄(棄権)することは、この国の、住むまちの未来の建設に不参加となります。さぁ、選挙に行こう。

2019年は選挙の年 〜 投票率 99.9% で未来を決める

来年は選挙の年です。4月に北本市長、北本市議会議員、埼玉県議会議員の選挙が、7月頃に埼玉県知事と参議院選挙があります。国の、県のそして北本市の未来を決める選挙です。

 

棄権しないで投票に行きましょう。


最新の北本市議会レポートです

工藤日出夫 北本市議会レポート 第150号(2019年1月)

2019年 今年も工藤日出夫の活動にご理解ください

年頭所感 消滅可能性都市の不安一掃 まちごと安心安全宣言

あけましておめでとうございます。

 

皆様にとって、今年一年のスタートです。安心で幸福な生活を願っていることと存じます。

 

また、今年は平成から新元号へ変わる記念すべき新年でもあります。私も、平成15年の初当選から16回目の新年を迎えました。ここまで長く勤められたのは、市民のみなさんのご理解のたまものと改めてお礼申し上げます。

 

今年も、皆様の暮らしに係る政策の推進に勤めます。


危機です!北本市

私が初当選した平成15年の選挙では、市長が石津賢治さんに代り、国主導の市町村合併が問われた頃でした。

 

私は、選挙公報で「無原則な合併」から「自立に向けた改革」を主張しました。紆余曲折ありましたが、自立の道を選び北本市は残りました。

 

4年前は、少子高齢化の進行と人口減少、そして財政の硬直化をふまえ、「危機です!北本市」と述べ、市長は現王園孝昭さんに変わりました。

 

4年経った今、議会で確認できた北本市の根本的な危機は、以下のようなものです。

  1. 久保区画整理事業の財政負担問題。
  2. 桜国屋のリニューアルへの多額な財政投資。
  3. 合理的な数字の裏付けのない経済政策(稼ぐまち)。
  4. 公共施設インフラの統廃合。
  5. 住民自治を担うガバナンスの確立。

以上の5項目を早急に、適切な対応することが必要です。子や孫の世代にツケを回すことはできません。


続きを読む