元気アップ きたもと

今日も、明日も、

みんなが住みつづける街に

最新のブログです

視察から帰ってきました
視察から無事帰りました。今回の視察は、八戸水道企業団と青森市水道部で、共にこれまで大きな地震等の災害にあっていますので、管の耐震化や復旧のノウハウを聞かせていただきました。 大変参考になりました。県を越えた広域連携にも積極的に取り組みを進めています...
>> 続きを読む

私が工藤日出夫です

投票率 99.9% を目指すプロジェクト

北本市の未来を決めるのは"あなた"

選挙権は、国民主権の最も大切な権利です。投票は、国民が政治の主役である証です。この権利を放棄(棄権)することは、この国の、住むまちの未来の建設に不参加となります。さぁ、選挙に行こう。

2019年は選挙の年 〜 投票率 99.9% で未来を決める

来年は選挙の年です。4月に北本市長、北本市議会議員、埼玉県議会議員の選挙が、7月頃に埼玉県知事と参議院選挙があります。国の、県のそして北本市の未来を決める選挙です。

 

棄権しないで投票に行きましょう。


最新の北本市議会レポートです

工藤日出夫 北本市議会レポート 第148号(2018年10月)

9月定例会閉会。平成29年度決算承認。手話言語条例制定

平成30年第3回(9月)定例議会が、9月25日閉会した。

 

市長提出議案の平成29年度決算は同意された。また、聴力に障がいのある人たちの手話を言語とする「手話言語条例」も可決した。この条例は障がいのある人たちの団体からの強い要請もあり、今議会に提案されていた。

 

また補正予算についても可決。さらに市民が要請した請願2件も可決した。平成28年12月議会に設置した「新庁舎建設疑惑解明の調査委員会」の最終報告書が議決された。

 

9月定例会の概要を、以下に述べる。

平成29年度決算額約329億1,700万円承認

北本市議会は9月定例議会で、平成29年度一般会計決算(歳出決算額19,117,915,402円)および5特別会計決算(歳出決算額13,799,791,298円)の合計32,917,706,700円の決算を認定した。他に公営企業会計に変わった下水道事業の決算も認定された。

 

市税は90億6,454万円で前年比-3億8,318万円。

めざせ!毎日1万歩運動に一人14,230円の経費

この事業は県から2,394万円全額補助金であるが、参加者は1,682人で一人当たり14,230円でした。一人ひとりの健康寿命を延ばす運動は、税金に頼らず自己力で続けたいですね。


手話を言語とする「北本市手話言語条例」制定

聴覚障がいの方々の団体から要望のあった手話を言語とする条例は、全会一致で制定されました。ノーマライゼーション社会への着実に進んでいます。

子ども子育て支援事業の周知を求めた請願可決

中央保育所の立て替えなど、保育に関する通知や情報をオープンにして、市民参画の機会をつくってくださいという保育所父母会からの請願でした。私は賛成討論で「情報共有と市民参画は、民主主義の原理。このような請願が出ることに政治の側は反省すべき」と申し上げました。

議員及び市長の選挙の公費負担の条例改正可決

議員と市長の選挙で、選挙運動のビラの公費負担。これまで議員の選挙ではビラの配布は認められていませんでしたが、来年の選挙から公費で作成費を負担配布できることになりました。

久保区画整理事業とデーノタメ保存に意見多数

久保区画整理事業が遅れているのはデーノタメ遺跡保存が決まらないからと。今議会でデーノタメの遺跡保存と久保区画整理事業について質問が多数の議員が行った。


続きを読む