元気アップ きたもと

今日も、明日も、

みんなが住みつづける街に


5期目当選しました。多くのご支援ありがとうございました。

市議会議員選挙、皆様の力をいただき当選しました。1305票という多くのご支持をいただきました。また、市長選挙は、三宮ゆきおが当選しました。でたらめな市政運営をしていた現王園に代わり、しっかりと現状を踏まえ夢物語にならないよう、議会も監視していきます。


最新のブログです

5回目で初めで「だるま」に目を入れた。昨日今日と駅に立ちあいさつしました。やる気充満!
●5回目の当選で、だるまに目を入れました。この達磨は心友の平田さんが、手彫りで作ってくれたものです。昨日目を入れました。自分は、これまでダルマに目を入れたことはありませんが、今回は心友が心込めて手彫りで作ってくれました。   ●昨日(22日)の午前1...
>> 続きを読む


Twitter 〜 ぜひフォローしてください !


最新の北本市議会レポートです

会派・市民の力 機関紙 第33号(2019年4月)

北本の未来は選挙が決める 〜 4.21 Yes 棄権はしない !

北本市政の「後退」を「交代」で前へ !!

市民の力は未来に向けて三宮ゆきおと政策合意

北本市議会市民の力(代表:工藤日出夫/幹事長:日高英城)は、後退した北本市政を交代で前に進める活動をしている北本市議会議員三宮ゆきおと政策合意しました。全部で10項目以上あります。

 

この4年間の現王園市長による市政運営は、市民の暮らしからかけ離れ特定の人や企業・団体に偏ったものでした。

 

防球ネットに1億8千万円、年間12万人が利用していた東口駐車場の廃止、パークゴルフ場の建設予算(否決)、桜国屋のリニューアル(1億6千万円)と、箱もの行政で住民の誰を幸せにしようとしているのか。

 

市民の力と三宮ゆきおは、市民の暮らしの安心安全を最優先に、北本市を建て直すことを目標に、がっちりと力を合わせることにしました。

三宮ゆきお

生活者起点ここから新しい北本を

1. 子ども・若者・女性1憶円プロジェクトの推進

1億円の財源で、子どもと子育て・若者・女性が安心して希望のもてるまちづくりを、若者会議設置してみんなで決めます。

2. デマンドバスの鴻巣・桶川市への乗り入れ

3. 北本駅東口駅前広場に屋根の設置と東口活性化

通勤・通学など駅東口を利用する市民が雨でも安心な屋根を設置します。

4. 宮内の緑地を公有化する

5. 命の水!水道事業の民営化はしない

6. 医療・介護体制の改革

健康・医療・介護の高齢化への課題を包括的に解決する医療・福祉体制の構築を図るため、地域医療守る条例や市に「医療課」を設置します。

7. 納骨堂の整備

8. 人材誘致と起業支援(起業スタートアップセンター設置)

9. 子ども目線の教育改革市民会議設置

10, マンション管理条例の制定

 

の政策合意をしました。

 

このほかにも、久保区画整理事業の早期完了に向けた抜本的な計画変更、一人でも安心して暮らせる「居場所」の設置(50カ所)、中心市街地・商業・商店、農業振興など活性化に向けた「開発研究」(有識者会議の設置等)を進め、新しい北本市を動かします。

 

工藤と三宮は北本市を生活者のまちに変えます

工藤日出夫の目標 : 北本市をこんなまちにしたい

続きを読む